TOKAIホールディングス 中央電機工事を連結子会社化

2020年8月7日 18:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:33JST TOKAIホールディングス---中央電機工事を連結子会社化
TOKAIホールディングス<3167>は7日、同社の子会社の TOKAIが、中央電機工事の株式を取得する株式譲渡契約を締結し、同社を連結子会社化したと発表した。

TOKAIは主要事業のLPガス・宅配水事業の他に、建築と給排水・空調を中心とした設備工事業を、主に静岡県で展開している。また、中京圏での営業強化を図るべく、本年5月に愛知県名古屋市に営業拠点を開設している。一方、中央電機工事は愛知県名古屋市を拠点に電気工事業を営み、愛知県や名古屋市といった官公庁からの公共工事、金融機関や大手企業からの民間工事を受注し、創業以来堅実に事業を展開している。

今般の株式取得により、TOKAIは総合建設事業者として設備工事業における空調・衛生・電気といった主要3工事の受注体制が構築され、中京圏における更なる受注拡大を目指す。《EY》

関連記事