ホンダ 大幅反落、コンセンサス下振れの業績見通しや減配を嫌気

2020年8月6日 11:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:11JST ホンダ---大幅反落、コンセンサス下振れの業績見通しや減配を嫌気
ホンダ<7267>は大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業損益は1137億円の赤字となり、800億円程度の赤字であった市場予想を下振れた。また、通期見通しは2000億円の黒字で前期比68.4%の減益見通しとしており、2800億円程度の市場予想を下振れている。保守的な計画とはみられているが、年間配当金も前期比68円減配となる44円としており、ネガティブに受け止める動きが優勢に。《US》

関連記事

広告