ノーベル賞受賞は特定の科学分野ばかり 114の科学分野のうち5分野に集中

2020年8月5日 19:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

アメリカのスタンフォード大学は、ノーベル賞受賞の研究には分野による偏りがあったとする研究を発表したそうだ(PLoS ONEScienceDailyテレ東NEWS)。

研究チームは、1995年から2017年の間に発表された6,300万本の論文を分析、物理学や生物学など各分野で色分けしてマッピングした。

その結果、受賞したのは114の科学分野のうち「素粒子物理学(14%)」、「細胞生物学(12.1%)」、「原子物理学(10.9%)」、「神経科学(10.1%)」、「分子化学(5.3%)」に集中しており、これらがノーベル賞の受賞の52.4%という半分以上を占めていたとしている。結論としては、ノーベル賞をもたらす研究は、少数の科学分野に集中しているとしている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
ペンギンは1.34メートルも糞を飛ばすことができる 2020年07月09日
世界で初めてリチウムイオン電池を商品化したのはソニー、ノーベル賞受賞を逃した開発者は語る 2019年12月30日
2019年のノーベル化学賞、リチウムイオン電池を開発した米国と日本の3氏が受賞 2019年10月10日
ウォンバットがサイコロのように角ばった糞をする仕組みを解明した研究グループ、イグノーベル物理学賞を受賞 2019年09月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードノーベル賞

関連記事

広告