カラー 2021年春夏メンズコレクション 2011年の空気を引き継ぐ、現代のワードローブ

2020年8月5日 19:21

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 カラー(kolor) 2021年春夏メンズコレクションが発表された。

■2011年の空気を踏襲

 ウィメンズ同様、2011年のコレクションを振り返った今シーズン。当時のムードを引き継ぎながら、異素材のドッキングやボリュームUPさせたアプローチで、現代へにアップデートしたワードローブを展開する。

■カラーの看板“セットアップ”をモダンにアレンジ

 2011年当時、カラーの看板といえばセットアップが主流だった。世界中のファッショニスタたちがこぞって手に入れようとした、その人気アイテムには、さりげないモダンなディテールを加えて現代のワードローブへと昇華。一見オーセンティックに見えるセットアップにも、キモノスリーブのようなディテールを取り入れたジャケットや、裾を2枚重ねているように見えるパンツなど、その随所に都会的な空気を閉じ込めているのが印象的だ。

■大胆な切り替えやレイヤードも

 上質な生地使いが伝わるブラウンのセットアップは、後ろを振り向くと、大胆な切り替えが現れるカラーらしいアプローチが。またクラシカルなチェック柄のパンツに合わせたブレザーには、“キッズサイズ”のスポーティーなアウターをドッキング。明らかに小さなウェアを重ねることで、本来動きのないブレザーのパーツに、自然な躍動感をもたらした、カラーならではの高い技術を伺うことができる。

■多彩なグラフィックも

 ブルーやグリーン、レッドといったカラフルな色彩と共に、グラフィカルなデザインが散見されたのも、今シーズンの特徴といえるだろう。カラーのネームタグシリーズを、一面に配したジャケットやハーフパンツ、ロングレギンスをはじめ、“レインボービーム”をあしらったロングTシャツなどが登場。そしていずれも異なる柄や色同士を組み合わせた“ちぐはぐ”な表情のはずなのに、何故か纏まりのある一つの洋服に見えてしまうのも不思議。そしてそれは、衣服のバランスを徹底的に計算したカラーだからこそ成し得る技であることにも気付かされるのだった。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードkolor(カラー)

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース