(中国)上海総合指数は0.25%安でスタート、利益確定売りが優勢

2020年8月5日 10:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:59JST (中国)上海総合指数は0.25%安でスタート、利益確定売りが優勢
4日の上海総合指数は売り先行。前日比0.25%安の3363.33ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時55分現在、0.83%安の3343.62ptで推移している。最近の上昇で足元では高値警戒感が強まり、利益確定売り圧力が高まっている。また、経済指標の改善に伴う大型金融緩和に対する期待がやや後退していることも足かせに。一方、A株式市場への海外資金の流入期待などが引き続き指数をサポートしている。《AN》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース