英ポンド週間見通し:伸び悩みか、英中銀MPCの経済見通しなどが手掛かり材料に

2020年8月1日 15:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:05JST 英ポンド週間見通し:伸び悩みか、英中銀MPCの経済見通しなどが手掛かり材料に
■上昇、月末に絡んだポンド需要増大の影響も

今週のポンド・円は上昇。英国政府による追加経済支援策への期待は持続していることや、月末に絡んだ欧米投資家のポンド買い・米ドル売りが観測されており、この影響で対円レートは138円台に上昇した。米ドル安・円高の進行が一服したことも、ポンド高・円安進行の一因となったようだ。取引レンジ:135円15銭−139円20銭。

■伸び悩みか、英中銀MPCの経済見通しなどが手掛かり材料に

来週のポンド・円は伸び悩みか。英中央銀行金融政策委員会(MPC)は8月6日に金融政策を発表する。金融政策は現状維持の公算だが、英国経済の先行きについて、慎重な見方が提示された場合、ポンド高・円安は一服する見通し。英国経済の持続的な景気回復を示唆するデータは増えていないことも、ポンド高を抑制する一因となりそうだ。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・8月6日:英中央銀行金融政策委員会(MPC)が金融政策発表

予想レンジ:136円50銭−139円50銭《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース