【話題】日経平均330円安の半分をアドバンテストなど5銘柄で下げる(11時現在)

2020年7月31日 11:34

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ファーストリテ、中外薬、ソフトバンクG、信越化学など足引っ張る

 アドバンテスト<6857>(東1)は7月31日、取引開始後にストップ安の5700円(1000円安)で値がついたまま売り気配を続け、日経平均を約72円引き下げる形になっている。

 30日の取引終了後に発表した第1四半期決算は連結営業利益、四半期純利益とも前年同期比11~12%減にとどまったが、未定だった3月通期の連結業績予想を当期純利益358億円(前期比33.1%減)などと発表し、改めて先行きを慎重に見る向きが増えたようだ。

 11時過ぎの日経平均は2万2005円78銭(334円45銭安)前後で推移。この下げ幅のうち、計算上はアドバンテストが約72円引き下げる形になり、同じくファーストリテイリング<9983>(東1)は44円、中外製薬<4519>(東1)は20円、ソフトバンクG<9984>(東1)は19円、信越化学工業<4063>(東1)は16円。この5銘柄で日経平均を171円下げている形になり、下げ幅の半分はこの5銘柄の下げが影響していることになる。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース