ANA 一時急落、第1四半期業績観測報道伝わるがあく抜け感強まらず

2020年7月27日 14:24

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:24JST ANA---一時急落、第1四半期業績観測報道伝わるがあく抜け感強まらず
ANA<9202>は一時急落。第1四半期営業損益が1600億円規模の赤字になったもようとの観測報道が伝わっている。04年3月期以降では四半期として赤字額は最大に。新型コロナの影響による乗客数の急減が響いた。コスト削減効果で赤字額は市場予想から縮小し、引き続き財務も健全とされているが、足元で新型コロナの感染者数が再び増加するなどから、順調な回復基調が続くかには不透明感も残り、あく抜け期待が高まる展開にはなっていない。株価は後場に入り下げ幅を縮め、もみあいが続いている。《HH》

関連記事