ドルチェ&ガッバーナ アルタ サルトリア 2020-21秋冬コレクション - 水辺の街に誘われ……

2020年7月15日 18:56

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)のメンズ高級仕立服 アルタ サルトリア(Alta Sartoria)の2020-21秋冬コレクションが発表された。

■イタリアのリゾート地に誘われて──

 ヴェネツィアやポルトフィーノ、アマルフィ、コモ......文化と魅惑を湛えた、イタリアのリゾート地の数々。今季のドルチェ&ガッバーナ アルタ サルトリアは、そうした海沿いや湖畔の街に着想を得て、エレガントにして優雅、それでいて色気と余裕を漂わせるスタイルを披露した。

■夜空の星々をのせて

 ゆったりとしたカフタンは、街の夜空に輝く星々をイメージし、黄道十二宮や星のクラシカルなモチーフを散りばめて。手元にはきらびやかな腕時計「アルタ オロロジェリア」や、エレガントなクラッチバッグを合わせ、ラグジュアリーなムードを高めた。

■花々は華やかに咲き乱れ......

 爽やかな色味のストライプスーツ、ガウンやパンツには、庭先に咲き乱れる花々を、刺繍やハンドペインティングなどで鮮やかに施した。地のシルクやリネンなどには穏やかな色味を使用することで、花々の華やかな色合いと柄をいっそう引き立てている。

■シックな幾何学模様

 また、石畳やタイルを彷彿とさせる幾何学模様は、ヴィヴィッドな色味を取り入れたオープンカラーシャツ、スタイリッシュなシルエットのパンツ、ダブルブレストのスーツなどを彩る。いずれも豊かなトーンを使用しながらも、曲線的・有機的なモチーフが多い今季のコレクションのなかで、ウェアに明晰かつシックなアクセントを添えている。

■ナイトガウンも優雅でエレガントに

 ナイトガウンには、イタリア北部・コモ湖畔の街ベラージオのヴィラの見事な装飾に着想した華やかで有機的な柄を。温かみのある素材感ながらも、チェスターコートのようなエレガントな仕立て、コントラストの効いた装飾模様により、ラグジュアリーな雰囲気に昇華している。また、優雅な植物模様の刺繍を施したものも登場するなど、本コレクションにおいてナイトガウンは変化に富んだアウターとして提案されている。

■カクテル柄で遊び心を添えて

 曲線的で優雅なヴィラの装飾を思わせるモチーフが多かったものの、パジャマにはカクテルグラスやボートを描き、遊び心をふんだんに効かせた。ポップな雰囲気を漂わせつつも、首元の鮮やかなスカーフ、艶やかなレザーで作られたスリッポンで華やかさを添え、エレガンスに余念はない。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)2020年秋冬コレクション

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース