ドルチェ&ガッバーナ アルタ モーダ 2020-21秋冬コレクション、美しい土地へ旅に出る

2020年7月15日 09:43

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)のウィメンズ高級仕立服 アルタ モーダ(ALTA MODA)の2020-21秋冬コレクションがデジタルショーにて発表された。

■イタリアの美しい地へと赴く旅

 2020-21秋冬のアルタ モーダ コレクションでは、イタリア語で“美しい国”を指す「ベルパエーゼ」の地へと赴く旅を表現。連想されるのは、明るく開放的なリゾート地・ポルトフィーノや海岸にアーチを描いてそびえ立つ岩「イ・ファラリオニ」、タオルミーナの地に建つ圧巻の「ギリシャ劇場」、歴史的なパレルモの街。イタリアのアイコニックな風景が織り成す美しさを肌で感じるような、コンフォートでラグジュアリーなピースが勢揃いしている。

■色彩鮮やかなシルクスカーフのドレスやガウン

 目を引くのは、華やかな色彩のシルクスカーフ。ポルトフィーノの景色が描かれたポストカードをはじめとする旅の土産やマヨリカ焼き、カプリ島のレモン、テラコッタ、シチリアの手押し車の装飾、パレルモの強い光のコントラストなどを描いたスカーフをたっぷりと贅沢に使い、空気を含んだダイナミックなシルエットのガウンやカフタン、ドレスなどを仕立てた。

 風を受けてふわりと広がるガウンにはミニドレスやミニ丈のオールインワンをコーディネートして、リュクスな開放感にフレッシュなアクティブさをプラスする。また、スカーフをパレオのようにしてアシンメトリーに巻き付けたルックや、フレアな袖を配したブラウス、直線的なスカーフの布地を活かした仕立てのジャンプスーツといった、リラクシングなピースも散見された。

■躍動感あふれるシースルーのギャザードレス

 透け感のある生地を用いたドレスは、ギャザーを寄せ、曲線的なドレープを効かせることで躍動感あふれる軽やかなデザインに仕上げた。ポルカドットのドレスは、シースルーのファブリックが重なることで柄が二重に見え、さらにスペクタクルに。

 ピンクからホワイトへ、イエローからブルーへと色が移り変わっていく鮮やかなグラデーションドレスは、布地の動きと相まって奥行きを見せ、異国情緒あふれるムードを演出。ゼブラ柄や黒地に映えるフラワープリントといった自然の風景を思わせるモチーフも、ドレスに生き生きとしたエネルギーをもたらしている。

■刺繍やファー、フェザーを用いてエキゾチックに

 また、大胆な刺繍やレース使い、フェザー、ファーを用いたゴージャスな表現にも注目。ブラックのカフタンドレスにゴールドの刺繍で植物を装飾したドレスや、襟や袖にファーを配したビーズ刺繍の着物風ガウンなどにはエキゾチックな空気感が漂い、60年代を彷彿させる佇まいに。同時に、いくつもの繊細な細工が織り成す壮大な装飾が、圧倒的なエレガンスを描き出している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース