マツタケとヤシガニ、絶滅危惧種に指定される

2020年7月11日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

国際自然保護連合(IUCN)が9日、絶滅危惧種をまとめた最新のレッドリストを公表した。今回はマツタケやヤシガニが新たに絶滅危惧種に分類された(NHKTBS NEWS日経新聞朝日新聞)。

2種類ともに絶滅危惧の3段階中で3番目に高い「危急」とされる。マツタケはこの50年で30%以上も生育量が減少していることが指摘されている。国際取引は規制されないとのこと。

今回は6年前に絶滅危惧種に指定されたニホンウナギも再評価が行われたが、分類はこれまでと変わらず3段階中で2番目に高い「危機」。このほか日本に関連するものとしては、アカテンコバンハゼやセアカコバンハゼが「危急」に追加されているとのこと。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ニュース

 関連ストーリー:
環境省のTwitterアカウント「土用の丑の日はウナギを大事に食べよう」とTweet 2019年07月23日
ドジョウが準絶滅危惧種に指定される。将来は絶滅危惧種になる可能性も 2018年05月25日
台湾、ニホンウナギを「最も絶滅の危険度が高い種」に指定 2017年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード絶滅危惧種レッドリスト

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース