フット ザ コーチャーの20年秋冬メンズシューズ、キップレザーの外羽根靴やミドルブーツ

2020年7月8日 08:53

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 フット ザ コーチャー(FOOT THE COACHER)から、2020-21年秋冬コレクションの新作シューズが登場。2020年7月下旬から順次発売される。

■フット ザ コーチャーの新作バッグ&シューズ

■短靴

 ミニマルなラストが特徴の「MOLTON」を外羽根で仕立てた「MOLTON BLUCHER」は、プレーントゥの新作シューズ。アッパーには、艶やかなブラックのキップレザーを採用している。また、すっきりとしたレザーソールに加え、返りが良くグリップ性にも優れた希少な天然クレープソールを配したモデルも展開される。

■ブーツ

 表情豊かなゴートレザーを使用したミドルブーツは、履き口に縫い目を出さないことでシャープな印象を演出。リッジウェイソールを配し、無骨なミリタリーテイストに仕上げた。その他、くるぶし丈でカットしたミドルカットのサイドゴアブーツにもゴートレザーを採用。軽く柔らかな質感と、ドレッシーな雰囲気を兼ね備えている。

■ストラップシューズ

 身軽な印象のストラップシューズは、シングルストラップとTストラップの2型を用意。クラシカルなデザインを、ドレスシューズに落とし込んだ上品な佇まいが魅力だ。ソールには、いずれも軽くクッション性に優れたEVAソールが用いられている。夏の終わりから秋の初めにかけてはサンダルのような感覚で履けるTストラップシューズは、寒くなってきたら靴下とのコーディネートを楽しむのがおすすめだ。

■シンプリシティ

 シンプルな中にも主張を抑えた個性が光るデザインをテーマにしたライン「シンプリシティ(SIMPLICITY)」からは、2型の新型が登場。エッジを効かせたシャープなトウ、踵のパーツが内側まで回り込んだ個性的なギミックを用いた「GERMAN SHOES」と、さり気なくシボ革のタンを配したミニマルなホールカットシューズが揃う。

■レザートートバッグ

 2020年春夏シーズンにも登場したレザーのトートバッグ「LEATHER TOTE」からは、財布や携帯電話など、身の回りの小物を収納するのに丁度良いSSサイズが新たに登場。また、ブラックに加え、SS・Sサイズは明るいブラウンカラー、S・Mサイズはダークブラウンのシボ革も展開する。厚手のレザーで仕立てられているため、長く愛用でき経年変化を楽しめる。

【詳細】
フット ザ コーチャー 2020-21年秋冬コレクション
発売時期:2020年7月下旬~順次
アイテム例:
・MOLTON BLUCHER(LEATHER SOLE) 64,000円+税
・MIDDLE-CUT SEAMLESS BOOTS 68,000円+税
・T-STRAP SHOES 42,000円+税
・GERMAN HOLE-CUT(SIMPLICITY) 45,000円+税
・LEATHER TOTE(SIZE SS) 34,000円+税

【問い合わせ先】
GALLERY OF AUTHENTIC
TEL:03-5808-7515

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードフット ザ コーチャー

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース