ティアックは筆頭株主の異動が材料視されストップ高

2020年7月7日 12:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■1位株主にエボファンド(EVO FUND、所在地ケイマン諸島)

 ティアック<6803>(東1)は7月7日、急伸し、9時50分過ぎにストップ高の180円(50円高)をつけた。

 6日、親会社及び主要株主である筆頭株主の異動を発表し、2020年6月25日現在で、それまで1位株主で議決権所有割合54.65%だったグローバルアコースティックパートナーズエルエルシーの所有割合がゼロになり、すでに同54.65%所有していたエボファンド(EVO FUND、所在地ケイマン諸島、Richard Chisholm:リチャード・チゾム代表)が1位株主になったとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング