AMD、2014年に設定した「25x20」を達成 31.7倍のエネルギー効率改善

2020年7月7日 08:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AMDが2014年に掲げたエネルギー効率イニシアチブを達成したと発表した。このイニシアチブは「25x20」という名前が付けられており、2020年までにエネルギー効率を25倍向上させるという言葉から名付けられたという。2010年1月発表の「Ryzen 7 4800H」で、2014年時点に設定したベースラインから31.7倍のエネルギー効率を実現、目標をクリアしたとしている(PC WatchASCII.jp)。

あるAnonymous Coward 曰く、 //当時はいわゆるブルドーザー系のアーキテクチャ全盛期で燃費が悲惨なものになっていた点に留意すべき

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 電力 | AMD

 関連ストーリー:
トヨタ自動車、燃料電池車「MIRAI」で使用されている燃料電池システムを工場内に設置して発電させる実証運転を開始 2019年09月19日
ドナルド・トランプ米大統領曰く、高効率電球の光は顔色をオレンジ色に見せる 2019年09月14日
Samsungが支援する韓国の研究グループ、3進法半導体を開発 2019年07月25日
オウケイウェイヴ、自動車に補助輪をつけて発電し「1000倍以上のエネルギー効率化」を目指すシステムを販売へ 2018年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース