NY原油:伸び悩みで40.63ドル、需給関係の先行きを懸念した売りも

2020年7月7日 08:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:01JST NY原油:伸び悩みで40.63ドル、需給関係の先行きを懸念した売りも
NY原油先物8月限は伸び悩み(NYMEX原油8月限終値:40.63 ↓0.02)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は、前営業日比-0.02ドルの1バレル=40.63ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは40.15ドル−41.08ドル。6日のアジア市場で41.08ドルまで買われたが、ニューヨーク市場では需給関係の先行きを懸念した利食い売りなどが観測されており、株高でも原油先物の上値は重くなった。《CS》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース