アメリカン航空、全座席の割り当てを再開

2020年7月4日 10:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 アメリカン航空が7月1日から全座席の割り当てを再開するそうだ(ニュースリリースThe Vergeの記事ABC Newsの記事Chicago Sun-Timesの記事)。

アメリカン航空は3月24日、COVID-19対策の一つとして3人掛けの真ん中の席および乗務員用のジャンプシートから近い座席について、5月31日まで50%を割り当てないと発表5月31日以降も満席にならないようにする対策を続けていた。7月1日以降は満席になることもあるが、より空いているフライトが選択できる場合に通知し、通貨料金なしで変更できるようにするサービスは継続するとのこと。

米航空会社ではLCCのフロンティア航空が隣の空席を保証する有料オプションを発表後、批判を受けて撤回しているが、それとは別に座席を1列おきに使用することで満席にならないような対策を行っている。そのほかの米航空会社もほとんどが満席にならないよう予約制限を行っているが、ユナイテッド航空だけは制限を発表しただけで実施はせず、満席を通知して無料で予約変更可能にするサービスのみを実施しているそうだ。

日本の航空会社ではスカイマークやJALが一部の座席を予約不可とする対策を実施していたが、スカイマークは5月末までJALは6月末までに対策を終了している。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | YRO | 医療 | アメリカ合衆国 | 交通

 関連ストーリー:
英運輸省、COVID-19パンデミック中の安全な空の旅に関するガイダンスを公開 2020年06月14日
COVID-19対策として隣の空席を保証する有料オプションを発表した米フロンティア航空、批判を受けて撤回 2020年05月09日
緊急事態宣言下における交通需給 (JALの場合) 2020年05月03日
邦人数百人が60以上の国・地域で出国困難 2020年03月29日
二酸化塩素を使用する除菌製品クレベリンを旅客機内に持ち込むトラブルが相次ぐ 2020年02月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告