NY為替:米市場休場のため主要通貨の取引は動意薄

2020年7月4日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST NY為替:米市場休場のため主要通貨の取引は動意薄
3日のニューヨーク市場は、「米独立記念日の振替休日」のため、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続いた。ドル・円はやや下げ渋り、107円49銭まで下げた後に107円54銭まで戻しており、107円51銭で引けた。


ユーロ・ドルは下げ渋り、1.1220ドルまで売られた後に1.1252ドルまで戻す展開となった。ユーロ・円は120円65銭から120円96銭まで買われた。ポンド・ドルは、底堅い動きとなり、1.2446ドルから1.2491ドルまで買われた。ドル・スイスフランは伸び悩み、0.9465フランから一時0.9442フランまで売られた。《MK》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース