東京為替:ドル下げ渋り、リスク回避的な円買いは限定的との見方

2020年7月3日 11:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:11JST 東京為替:ドル下げ渋り、リスク回避的な円買いは限定的との見方
3日午前の東京市場でドル・円は107円50銭台で推移し、底堅い動きを保っている。株高は一服したものの、リスク回避的なドル売り・円買いは抑制されており、ドルは下げ渋り。3日は米国市場が休場となるため、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続くとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円44銭から107円56銭、ユーロ・ドルは1.1233ドルから1.1242ドル。ユーロ・円は120円72銭から120円89銭。

■今後のポイント
・ウイルス感染の再拡大リスク
・欧米貿易摩擦懸念
・米政策金利は長期間据え置きの公算《MK》

関連記事

広告