東京為替:株高一服もドルは107円台半ば近辺で推移し、下げ渋る展開

2020年7月3日 11:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:05JST 東京為替:株高一服もドルは107円台半ば近辺で推移し、下げ渋る展開
3日午前の東京市場でドル・円は107円50銭台で推移。日経平均は77円高で推移しており、株高は一服したものの、ドルは下げ渋っている。3日は米国市場が休場となるため、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続くとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円44銭から107円56銭、ユーロ・ドルは1.1233ドルから1.1242ドル。ユーロ・円は120円72銭から120円89銭。

■今後のポイント
・ウイルス感染の再拡大リスク
・欧米貿易摩擦懸念
・米政策金利は長期間据え置きの公算《MK》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース