ピックルスコーポレーションが一段高、「巣ごもり消費」で第1四半期大幅増益

2020年7月1日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■外出自粛要請などにより家庭内で食事の機会が増え売上高13%増加

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は7月1日、買い気配で始まり、取引開始後に一段高の2752円(182円高)をつけ、戻り高値を更新した。30日の取引終了後に発表した第1四半期の連結決算(2020年3~5月)が営業利益9億1300万円(前年同期比22.5%増)となるなど好調で、注目集中となっている。

 この第1四半期は、野菜価格高に見舞われたものの、「外出自粛要請などにより家庭内での食事の機会が増えたこと、健康志向の高まりにより、乳酸菌を含む食品としてキムチの需要が増えたこと」(決算短信)などにより、売上高が120億2100万円(前年同期比13.4%増)と大幅に伸び、収益の拡大をけん引した。親会社株主に帰属する四半期純利益は6億5100万円(同23.6%増)となった。

 通期・2021年2月期の連結業績予想は期初予想を継続し、売上高は430億円(前期比3.8%の増加)、営業利益は19億500万円(同1.8%の増加)、親会社株主に帰属する通期純利益は13億3200万円(同3.3%の増加)、予想1株利益は208円32銭。

 なお、新規事業として7月の開業を予定していた外食・小売り総合施設「OH!!!発酵・健康・食の魔法!!!」(埼玉県飯能市)は、新型コロナウイルス感染症の影響により、9月の開業に変更とした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング