大手企業によるFacebookなどSNSへの広告出稿停止が相次ぐ

2020年7月1日 08:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 スターバックスは6月28日、すべてのソーシャルメディアプラットフォームへの広告出稿を当面取りやめると発表した(Starbucks Storiesの記事GeekWireの記事The Vergeの記事)。

Facebookにヘイトスピーチから利益を上げないよう求めるStop Hate for ProfitキャンペーンにアウトドアブランドのThe North Faceが賛同し、6月19日にFacebookおよび傘下のプラットフォームへの広告出稿取りやめを発表したのをはじめとして、広告出稿を取りやめるメジャーブランドは10日ほどで大幅に増加している(Mashableの記事The Guardianの記事Ars Technicaの記事)。

マーク・ザッカーバーグ氏はFacebookにおけるヘイトコンテンツ対策を進めると6月26日に表明したものの、同日にはユニリーバが米国でのFacebook/Instagram/Twitterへの広告出稿を年末まで取りやめ、米ホンダがFacebook/Instagramへの広告出稿を7月中取りやめると発表するなど、流れは止まらなかった。The Coca-Cola Companyはすべてのソーシャルメディアプラットフォームへの広告出稿を全世界で少なくとも30日停止すると6月27日に発表した。

スターバックスは広告出稿の停止期間について、ヘイトスピーチの拡散を防ぐための対策をメディアパートナーや市民権団体とともに内部で議論する間、と説明している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | YRO | Twitter | 政治 | Facebook | 広告 | SNS

 関連ストーリー:
トランプ大統領のツイートが再び非表示にされる。攻撃的だとして 2020年06月29日
Facebook、初めてトランプ陣営の広告を削除 2020年06月23日
Facebookの従業員、ザッカーバーグCEOのトランプ発言容認に反発 2020年06月05日
トランプ大統領、検閲を行うSNSはユーザーの発言内容への責任も負うとする大統領令に署名 2020年05月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterFacebookInstagramマーク・ザッカーバーグ

関連記事

広告

財経アクセスランキング