A.P.C. 2020-21年秋冬ウィメンズコレクション シンプルな要素で無限に遊ぶ

2020年6月30日 18:17

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 A.P.C.(アー・ペー・セー)は、2020-21年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

■美しくて、シンプル

 わずかな要素を組み合わせることで生み出される、シンプルながらも魔法のように美しいスタイル。A.P.C.は、可能な限りミニマルな手法・要素を用いて衣服の開発、組織化、調和を繰り返し試みることで、それぞれが意味を持ち、メッセージ性を帯びたスタイルを追求した。シンプルだからこそ無限に遊ぶことのできる自由度が、コレクションを通して見受けられる。

■遊びのあるスタイリング

 ニットは、ただ着るのではなくショールのようにして肩の周りを覆ったり、無造作に巻きつけてストール替わりにしたり。デニムジャケットとパンツのマニッシュなセットアップには、赤のニットをケープのようにまとうことでアクセントを効かせた。

■アクティブなミニスカート

 ミニスカートは、コンパクトなシルエットでアクティブさを演出する。リジッドなデニムのミニスカートには、同じくらいの丈にデザインされたアウターをプレイフルにコーディネート。キャメルのウールコートや、マルチカラーのウールジャカードコート、レオパードのファーコートなどは、温かみのある色味と軽快なシルエットが調和し、ポップな洗練を感じさせる。

■上品なテキスタイル

 膝丈や、膝下丈のワンピースは、どこか落ち着いた雰囲気のテキスタイルが目を引く。青を基調に穏やかな色彩で構成された小花模様や、黒地に白の細かいドット、手描き風のペイズリー柄などが揃う。レオパード柄プリントのワンピースは、灼けたようなスモーキーな色合いを採用することで、上品に仕上げた。

■ユニークなシルエットのデニムパンツ

 前を留める部分がアシンメトリーなデザインのデニムパンツは、緩やかな分量感のルーズフィットが特徴。アーガイルのニットやロゴ入りセーター、デニムシャツといったトップスの裾をウエストにインすることで、ユニークなシルエットを際立たせた。メリハリのあるシルエットによって、かっちりとしたトップスと、ラフなボトムスのコントラストが浮かび上がる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードA.P.C.(アー・ペー・セー)

広告