静岡県掛川市、一太郎の使用を止めWordに統一へ

2020年6月24日 20:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 静岡県掛川市がワープロソフト「一太郎」の使用を止め、ワープロソフトをWordへと統一するという(Togetterまとめ)。

 一太郎は日本語の入力や処理に強みがあるとされており、今年2月には最新版の「一太郎2020」が発売されている(INTERNET Watch)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | IT | 政府

 関連ストーリー:
ワープロソフトとしてWordを拒否して「一太郎」の利用を求めるのは「一太郎ハラスメント」か 2019年03月29日
農林水産省、「働き方改革」で「脱・一太郎」 2018年01月15日
ジャストシステム、一太郎の新バージョンを発表。おまけは一太郎dash復刻版 2014年12月02日
Lotus 1-2-3のサポートが終了 2014年10月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード静岡県

関連記事

広告