今どきの探偵はスパイウェアやキーロガーを駆使する

2020年6月23日 18:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Twitterである探偵会社の事例集がバズっているようだ。調査手法としてアナログな取材を偽装する方法だけでなく、スパイウェアを仕込んだメールを送りつけたりもするという。またハードウェアタイプのキーロガーを子供のPCに取り付け、ログイン情報やパスワードの入手などもしている。

また業務をサボっていないかを調べるために、タイプ数カウントツールの導入を提案したりとかなりハイテクな感じとなっている(Togetter相沢京子調査室)。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | YRO | 情報漏洩 | プライバシ

 関連ストーリー:
映画版ソニック、米国では「名探偵ピカチュウ」を上回る初動 2020年02月18日
英国人洞窟探検家を小児性愛者呼ばわりして告訴されたイーロン・マスク、南アフリカではそういう意味ではないと主張 2019年09月18日
当時存在していなかったフォントを使用していたために偽造文書であることがバレた案件、再び 2019年01月22日
怪人二十面相、青空文庫で公開 2016年04月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitter

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース