マザーズ指数は続伸、バイオ株などの循環物色続く、ミクシィ急伸/マザーズ市況

2020年6月17日 16:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:52JST マザーズ指数は続伸、バイオ株などの循環物色続く、ミクシィ急伸
 本日のマザーズ市場では、日経平均が利益確定売り優勢で反落するなかでも、バイオ関連株やIT・インターネット関連株の循環物色が続いた。マザーズ指数は朝方上げ幅を広げると、その後利益確定の売りも出て、高値圏でもみ合う展開となった。なお、マザーズ指数は続伸、2%超の上昇で取引を終えた。売買代金は概算で2748.41億円と5月26日以来の大きさ。騰落数は、値上がり209銘柄、値下がり99銘柄、変わらず13銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>やアンジェス<4563>が上昇。アンジェスは新型コロナウイルスワクチンの治験を今月30日から始めると伝わった。東証1部への市場変更を発表したミクシィ<2121>は10%超の上昇。売買代金上位ではほかにオンコリス<4588>やJTOWER<4485>の上げが目立った。また、新サービス開始が材料視されたアジャイル<6573>に加え、ITbookHD<1447>やジェネパ<3195>がストップ高水準で取引を終えた。一方、時価総額上位ではフリー<4478>や弁護士コム<6027>が小安く、売買代金上位ではナノキャリア<4571>などが軟調。F−ブレイン<3927>はCTC<4739>との提携を発表し高く始まったが、その後利益確定売りがかさみ下落率トップとなった。《HK》

関連記事

広告