セガ、「ゲームギアミクロ」を発表

2020年6月4日 07:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 セガが1990年に発売した携帯型ゲーム機「ゲームギア」を、縦横半分以下のサイズで再現した「ゲームギアミクロ」を発表した(ITmediaGAME Watch)。発売日は10月6日で、価格は4,980円(税別)。

 Anonymous Coward曰く、

 ◯価格が手頃(4980円+税)
◯デザインが可愛い
◯ソフトウェア部は実績のあるエムツーが開発
△収録タイトルは4つ、とはいえセレクトは良さげ
×高齢化したセガファン的にはこの画面サイズは辛い
×TV出力ができなさそう

 元々のゲームギアはサイズが210×113×39mm、液晶ディスプレイのサイズは3.2インチ(160×144ドット)だったが、ゲームギアミクロは80×43×20mm、ディスプレイサイズは1.15インチとなっている。ブラック/ブルー/イエロー/レッドの4色が用意され、色ごとにそれぞれ異なるタイトル4本が収録される。特典として画面を拡大表示できるというデバイス「ビックウィンドーミクロ」付きの4色セットも用意される。電源は単4電池2本もしくはUSBによる給電。なお、対戦プレイには非対応。

 収録タイトルは下記の通り。

 ブラック:「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、「ぷよぷよ通」、「アウトラン」、「ロイアルストーン ~開かれし時の扉~」 
 ブルー:「ソニック&テイルス」、「ガンスターヒーローズ」、「シルヴァンテイル」、「ばくばくアニマル 世界飼育係選手権」 
 イエロー:「シャイニング・フォース外伝 ~遠征・邪神の国へ~」、「シャイニング・フォース外伝II ~邪神の覚醒~」、「シャイニング・フォース外伝 ファイナルコンフリクト」、「なぞぷよアルルのルー」 
 レッド:「女神転生外伝 ラストバイブル」、「女神転生外伝 ラストバイブルスペシャル」、「The GG忍」、「コラムス」 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ゲーム

 関連ストーリー:
せがた三四郎の実の息子が演じるせが四郎、爆誕 2020年03月26日
セガ、誕生 2019年12月26日
初代PlayStationとセガサターンの2/5スケールプラモデル、バンダイが2020年3月に発売へ 2019年11月09日
「メガドライブミニ」の全収録タイトル発表、新作のメガドラ版「テトリス」「ダライアス」も 2019年06月06日
セガ、「メガドライブ ミニ(仮称)」を発表 2018年04月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング