Instagram、ライブ配信や動画で音楽使用する場合のガイドライン公開

2020年5月24日 19:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Instagramは20日、音楽をFacebookやInstagramで使用する場合のガイドラインを公開した(Instagram Blogの記事The Vergeの記事Neowinの記事)。

Facebookは同社のプラットフォーム上でユーザーが音楽を使用できるようにするため、権利者とライセンス契約を結んでいる。契約の具体的な内容は企業秘密だが、COVID-19パンデミックにより人々が集まる機会が制限されてFacebookやInstagramのライブ配信や動画共有が重要性を増していることから、音楽の使用制限を明確にするためガイドラインを公開することにしたとのこと。

商業的にレコーディングされた音楽をライブ配信や動画で使用することは可能だが、全曲の再生が数多く含まれる場合は制限の対象になる可能性がある。そのため、音楽の一部分だけを使用することが推奨される。ただし、Storiesでは制限なく使用でき、生演奏であれば制限の対象外となる。なお、動画では常に映像を主とし、音声を主にするべきではない。また、ライセンスでカバーされない地域では商業的にレコーディングされた音楽を含む動画は公開されない可能性があるという。

Facebookではユーザーが音楽や効果音を無料で利用可能なFacebookサウンドコレクションを公開しており、これに含まれる音楽は制限の対象にならない。また、音楽の使用がライセンス違反となることを検出し、通知する機能をアプリに追加するという。ライブ配信の場合は制限に近付いていることを事前に通知するため、配信者はブロックされる前に対処可能になるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | YRO | 著作権 | Facebook | 音楽

 関連ストーリー:
欧州司法裁判所、既存音源をサンプリングして使用する行為は短いものであっても承認が必要と判断 2019年08月02日
MicrosoftがYouTubeに投稿したWindows Terminalの紹介動画、著作権侵害で一時削除される 2019年06月02日
人気エアバンドのゴールデンボンバー、SNSなどでの歌詞全文の転載を公認 2019年04月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookInstagram

関連記事

広告

財経アクセスランキング