国際 RSS

 

米国、新型コロナによる財政悪化理由に自治体が破産

2020年5月23日 10:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米アラバマ州のFairfield市が、米連邦倒産法第9章(地方公共団体の債務整理)に基づく破産手続きを申請したそうだ。

 同市は数年前から歳入の減少に悩まされており、その状況下で新型コロナウイルスの感染拡大が発生、さらなる財政悪化が予期されるために破産手続きを行なったという。同市には1万1000人ほどの住民がいるが、その5分の1は貧困世帯だそうだ。なお、同市が属するジェファーソン郡も、2011年に破産手続きが行われている。

 スラドのコメントを読む | アメリカ合衆国 | お金

 関連ストーリー:
北村紙店が破産、コミケ中止が決定打の1つに 2020年05月20日
緊急事態宣言を受け東京地裁も業務縮小、「不急の破産など申立てを控えるように」 2020年04月11日
OneWeb、米連邦破産法11条に基づく再建型破産を申立て 2020年03月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース