NY原油:反落、在庫調整進展で押し目買い興味残る

2020年5月23日 07:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:12JST NY原油:反落、在庫調整進展で押し目買い興味残る
NYMEX原油7月限終値:33.25 ↓0.67

22日のNY原油先物7月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は、前営業日比-0.67ドルの1バレル=33.25ドルで取引を終えた。取引レンジは30.72ドル−34.00ドル。22日のアジア市場で34.00ドルから一時30.72ドルまで急落したが、まもなく反発。米中関係の悪化を巡ってポジション調整的な売りが優勢となった。在庫調整は進展していることから、押し目買いの興味は残されているようだ。通常取引終了後の時間外取引で33.57ドルまで戻す場面があった。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース