トキに寄生するダニ、日本産のトキが消えるともに絶滅

2020年5月21日 21:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 トキに寄生していたダニの一種である「トキウモウダニ」は、トキの個体数の減少とともに姿を消していき、現在では絶滅したと見られているそうだ(朝日新聞)。

 国内ではすでに日本産のトキは絶滅しており、日本で飼育されているのは中国由来のトキだが、そちらからはこのトキウモウダニは見つからなかったという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ニュース

 関連ストーリー:
絶滅の恐れのあるコツメカワウソ、売買や譲渡時に登録が必須に 2019年12月02日
バナナを絶滅から救えるのは遺伝子編集技術だけかもしれない 2019年10月02日
米国とカナダの鳥の個体数、約50年で3割ほど減少 2019年09月24日
きっと目覚めさせるから……環境試料タイムカプセル棟で眠れ 2004年06月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告