カイカ Research Memo(3):新型コロナの影響で計画達成のハードルは高まる

2020年5月15日 20:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*20:07JST カイカ Research Memo(3):新型コロナの影響で計画達成のハードルは高まる
19年10月期実績売上高7,600百万円、営業利益-615百万円に対し、20年10月期は売上高8,044百万円、営業利益350百万円をCAICA<2315>側では計画している。大幅増収増益の計画であったが、新型コロナの影響で計画達成のハードルは高まっている。

濃淡はあるものの各事業でコロナの影響が生じており、また経済危機に備えキャッシュポジションを増やすためクシム株式の一部を売却し、同社が連結決算の対象から外れることが主な要因。しかし新型コロナの影響はマイナス面だけではなく、社会的にテレワークのニーズが増大しており、これを安全に実施するにはセキュリティ対策が不可欠であり、主力の情報サービス事業では今後これらの商品の販売拡大を図っていく方針。


(執筆:フィスコアナリスト)《SF》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース