新型コロナ感染拡大で「触れないためのグッズ」が続々登場

2020年5月12日 16:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 つり革やボタン、ドアノブなどを直接触らずに利用できるウイルス対策商品が登場している(日刊工業新聞)。

 テクノプラストの「のんたっち君」はポリカーボネート製で、フック部分をつり革にぶら下げて利用する。価格は税別980円。

 また、校章や社章を扱う桂記章の「マルチタッチツール」は銅製の小型フック型器具で、ドアノブに引っ掛けてドアを開けたり、ボタンを押す操作を行えるもの。こちらは税別1,800円。

 こういったフック製品は続々と登場しているそうで、三重県の金属加工会社ギルドデザインが手がけた「純銅削り出しアシストフック」(税込1,848円)は注文が殺到しているという(Yahoo!ニュース

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア

 関連ストーリー:
電力スポット取引価格、「ほぼ0円」が発生 2020年05月11日
コロナウイルスの影響で美笹(みささ)深宇宙探査用地上局閉鎖 2020年05月11日
米国では新型コロナウイルスの影響でテレビやDVDプレイヤーの売り上げが大幅に増加 2020年05月01日
PCや中古PCがバカ売れ状態 2020年04月15日
衣料品メーカーや布製品メーカーが相次いで布製マスクを製品化 2020年04月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告