「バニラアイス買ったときエンジンかからない」という苦情で車両の不具合見つける GMエンジニア

2020年5月12日 08:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米General Motors(GM)で、「アイスクリームを買いに行った後、バニラアイスを買ったときだけエンジンがかからない」という苦情が寄せられたというエピソードがあるそうだ(GIGAZINE)。

 GMの開発者がはこの苦情を送った男性の下に出向き調査を行なったところ、本当にこの現象が発生していることを確認。状況を調査したところ、このアイスクリーム販売店ではバニラアイスの提供スピードが他のフレーバーよりも早いことが判明したという。その結果「車を止めてアイスクリームを購入した後車に戻ってエンジンを再始動する」という時間がアイスクリームを購入した場合のみ短くなっており、これが「エンジンがかからない」という問題に影響していたという。そして、そこから加熱されたガソリン内に気泡が発生して流れが悪くなるという「ヴェイパーロック現象」が発生していたことを突き止めたそうだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア

 関連ストーリー:
iPhoneを持っている登場人物は犯人ではない? Appleは悪役がiPhoneを使う事を許可せず 2020年02月28日
Tesla、Tesla車で意図しない急加速が発生したという調査請求は虚偽だと反論 2020年01月24日
10年前のボーイング737型機事故の教訓は生かされていたのか、疑問の声 2020年02月01日
ゲーム開発における「やらかし」 2018年12月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGeneral Motors(GM)アイスクリーム

広告