キヤノン米国法人、一眼カメラをWebカメラとして利用できるツール公開

2020年5月7日 17:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 リモートワークや外出制限などでWebカメラの需要が高まっている一方、供給は低調で多くの店や通販サイトでは品切れが続いている。そんななか、4月28日にキヤノンの米国法人が同社のデジタル一眼カメラ「EOS」シリーズをPCとUSBケーブルで接続することでWebカメラとして使用できるようにするWindows用ソフトウェア「EOS Webcam Utility Beta」を公開した(デジカメWatchCanon USAの発表ITmedia)。

 Windows10の64bit版にしか対応していないが、品薄のWebカメラの代替品としては十分に使える(むしろ明るさや背景のボケなどはレンズ次第だが完全に一眼カメラのほうが上)。キヤノン製のカメラをお持ちの皆様は是非試してみてはいかがか。ついでにSONYさんもこんな感じのツールを作ってくれませんかね?(Nikonについては諦めている)

 なお、米国法人独自の取り組みとのことで日本国内ではサポート対象外だが、国内で販売されているモデルでも利用できるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | ソフトウェア | Windows

 関連ストーリー:
キヤノンITS、在宅勤務導入企業向けに「パソコンの前にいることをカメラで確認する」システムを発売 2017年01月19日
PCや中古PCがバカ売れ状態 2020年04月15日
キヤノン、同社製カメラユーザーを対象に30日間容量無制限で動画・画像を保存できるクラウドサービスを発表 2020年02月17日
キヤノンのデジタルカメラにランサムウェア攻撃が可能な脆弱性 2019年08月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキヤノン一眼レフカメラNikonWindows

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース