Google「メッセージ」アプリ、Google Playでのインストールが10億件超える

2020年5月6日 19:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleの「メッセージ」アプリがGoogle Playでインストール件数10億件を超えた(Android Policeの記事Neowinの記事9to5Googleの記事)。

「メッセージ」はテキストメッセージ(SMS/MMS)やチャット(RCS)に対応するAndroidアプリ。インストール件数は昨年5月に5億件を超えており、1年弱で倍増した。

ChromeGmailマップYouTubeといったGoogle製のアプリは軒並みインストール件数が50億件を超えているが、これらのアプリはGoogleモバイルサービス (GMS)に含まれているため、Android端末のほとんどにプリインストールされている。一方、「メッセージ」はGoogleモバイルサービスに含まれず、プリインストールされるのはPixelやAndroid One端末などにとどまる。そのため、多くのユーザーは自ら進んでインストールしたことになる。

Android PoliceではRCS対応のほか、画像マークアップ機能リマインダーリコメンドダークモードWebインターフェイスなど、OEMメーカーが標準でプリインストールするSMS/MMSアプリにはない豊富な機能を「メッセージ」アプリが備えていることを高い支持の理由に挙げている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | 通信 | 統計 | ソフトウェア | Android

 関連ストーリー:
Google PlayでMicrosoft Wordのインストール件数が10億件を超える 2019年07月15日
Google、キャリアに依存しないメッセージングサービスの提供を計画中 2019年06月21日
大手携帯キャリア3社、新たなメッセージングサービス「+メッセージ」を発表 2018年04月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidChromeYouTubeGmailPixelAndroid OneGoogle Play

広告