Google、検索結果がイマイチな場合は正直に表示する機能 米国で開始

2020年4月27日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleは23日、Web検索で満足のいく検索結果が得られなかった場合、それを知らせるメッセージの表示機能を米国でロールアウトした(The Keywordの記事9to5Googleの記事Android Policeの記事The Vergeの記事)。

Google検索では検索語句のミススペルを検出して実際にユーザーが検索したい語句を推測するなど、極力関連する検索結果を表示できるようにしているが、それでも関連性の低い情報しか見つからないことがある。まったく一致する情報がない場合は別として検索結果に情報は表示されるものの、ユーザーが望む情報が含まれる可能性は低い。メッセージはこのような場合に表示されるものだ。英語版では「It looks like there aren't any great matches for your search」と表示され、検索のヒントや、(ある場合は)代替の検索語句も提示される。ただし、このようなメッセージが表示される頻度はあまり高くないはず、とのこと。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | インターネット | idle

 関連ストーリー:
IPA、「怪しいZOOM」をダウンロードしないよう注意喚起 2020年04月26日
Google、Web検索結果のfavicon表示について異なる場所への配置をテストすると発表 2020年01月30日
Google、オリジナルの報道が検索結果上位に長くとどまるような変更を行う 2019年09月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid

関連記事

広告