人間が消えたビーチでウミガメの繁殖が増加

2020年4月24日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 新型コロナウイルスの感染拡大で人の外出が減った結果、自然や野生動物の保護に好ましい結果が出ているそうだ(CNN)。

 観光地として知られるタイのプーケット等では、例年よりも多い数のウミガメの巣が見つかったという。また、このエリアでは他の海洋生物の個体数も増えているそうだ。米フロリダ州でもウミガメが繁殖する傾向があるという。

 なお、今回の新型コロナウイルス自体についても、人類の自然破壊によって住む場所を失った野生動物が街に近づいてきて、それによって人と動物の新たな接触機会が増えたために発生したのではないかとの説もあるようだ(東京新聞)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ニュース

 関連ストーリー:
ウミガメが海洋プラスチックごみに付着した微生物や藻類の匂いを食べ物の匂いと誤認している可能性 2020年03月15日
ウミガメにヒト由来の2遺伝子を組み込むことで培養細胞の寿命を延長 2018年06月29日
オーストラリア、温暖化でウミガメの99%がメスになる 2018年01月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

広告