文化放送、深夜に中華料理の調理音をひたすら流す「チャーハン特番」放送

2020年4月15日 17:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ラジオ放送局の文化放送が、「気持ちで負けない!きいて、たべて、乗り越えよう」キャンペーンの一環として、4月20日午前1時30分から3時30分の間、ひたすら中華料理を調理する音だけを放送する「チャーハン特番 ~チャーハンが鍋の上でパラパラ舞うその姿は美しい。まるで桜の花びらが踊っているよう。本当の春がくることを願ってSP~」を放送する(文化放送の発表ITmedia)。

 文化放送の音声技術スタッフによる3Dオーディオ技術で、「まるで厨房にいるかのような感覚」になれる音声を放送するという。チャーハンのほか、餃子、チンジャオロース、唐揚げを調理する音も放送されるとのこと。

 スラドのコメントを読む | 変なモノ

 関連ストーリー:
JR東や東京ガス、ユカイ工学が「企業固有の音」コンテンツを公開へ 2019年03月08日
AMラジオ局のFMラジオ局への転換、総務省が制度改正で認める方針 2019年09月04日
民放連、ラジオのFMへの一本化を求める方針 2019年03月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードラジオ

広告