オンライン飲み会に最適なチャットツールは?

2020年4月13日 20:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛によって、飲み会や会食などの機会が大きく減っているようだ。その代わりとして、ビデオ通話ソフトウェアやオンライン会議ソフトウェアを使った「オンライン飲み会」が増えているという。こういったビデオ会議に利用できるツールにはさまざまなものが存在するが、窓の杜が、Windows環境で利用できるツールの検証を行なっている

 ここで紹介されているのは、「Skype Meet Now」、「Google Meet/Google Hangout」、「Facebook Messenger」、「LINE」。この中でトラブルなしに利用できたのは「Google Meet/Google Hangout」のみで、それ以外のツールはカメラやマイク周りトでラブルが発生したり、FacebookやLINEは利用時に「友達になる」作業が必要になるといった準備が必要になる点が問題になることがあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | ビール | IT

 関連ストーリー:
米国でも新型コロナの影響でネットワークトラフィックの状況が変わる 2020年04月04日
Web会議サービスZoomに対し複数の脆弱性があるとの指摘、暗号化への懸念の声も 2020年04月03日
Google、ビデオ会議サービス「Meet」でChromiumベースのMicrosoft Edgeをブロックか? 2019年04月30日
会社からSNSへの参加を強制されたらどうする? 2012年02月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookGoogleLINEWindowsSkype新型コロナウイルス

広告