4月8日朝の東京主要駅の人口、昨年比で5〜6割前後に減少

2020年4月10日 08:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 政府が緊急事態宣言を発令した4月7日の翌日である4月8日朝8時における東京主要駅の人口は、前年比で48〜66%に減少していたことが明らかになった(ケータイWatch)。

 このデータは携帯電話端末の位置情報を利用したNTTドコモのモバイル空間統計を基に500m×500mサイズのメッシュに区切ったエリアの人口動態を推定できるという「トチカチ」というサービスで得られたものとのこと 。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 日本 | 統計 | 携帯電話

 関連ストーリー:
メディア報道が「外出自粛」に従わない人を後押ししている? 2020年04月09日
7都県を対象にCOVID-19に関する緊急事態宣言 2020年04月08日
緊急事態宣言を受けてCEROが新作ゲームの審査を停止 2020年04月08日
東京都知事、都内でのCOVID-19感染者急増を受けて今週末は急ぎでない外出を控えるよう呼びかけ 2020年03月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTTドコモ

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース