世界的な航空便の欠航で天気予報の精度が低下する可能性

2020年4月9日 17:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 新型コロナウイルスの感染拡大によって飛行機の運行数が減っているが、その影響で航空機が収集していた観測データの数量が減っているという。これによって天気予報の精度が悪化する恐れもあるようだ(NHKYahoo!ニュース)。

 航空機由来の観測データの数が全世界で42%減、欧州に限定すると65%減という数字も出ている。もし航空機からのデータがなくなった場合、北半球の上空の風と気温の予測精度は最大15%、地上気圧の予測精度は最大3%低下するそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
英BBCテレビの天気予報、生放送でSiriに否定される 2019年12月01日
日本IBM、AIを使った気象予測へ参入 2017年03月15日
韓国、気象観測装置の不具合頻発で天気予報の精度が悪化 2015年09月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース