緊急事態宣言を受けてCEROが新作ゲームの審査を停止

2020年4月8日 17:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言を受けて、ビデオゲームの審査を行うコンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)が5月6日までの業務停止を発表した。これにより、新作ゲームの発売スケジュールに影響が出る可能性があるという(AUTOMATONファミ通)。

 CEROは国内で販売されるゲームの審査を行う期間。国内においては、任天堂およびソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のハードウェア向けタイトルは原則としてCEROの審査を受けることとなっているため、CEROの休業による審査の停止によって「審査待ち」により発売が延期されるタイトルが出てくる可能性があるようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | ゲーム

 関連ストーリー:
「18歳以上のみ対象」レーティングのゲームの大会で15歳が優勝、問題に 2017年10月17日
ゲームの「レーティング」は機能していない、「GTA V」が証明 2013年09月26日
ゲームソフトのレーティング「知らない」が6割 2008年10月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニー任天堂新型コロナウイルス

関連記事

広告