NY原油:大幅反発で25.32ドル、ロシアなどの減産観測で一時27ドル台に急騰

2020年4月3日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:33JST NY原油:大幅反発で25.32ドル、ロシアなどの減産観測で一時27ドル台に急騰
NY原油先物5月限は大幅反発(NYMEX原油5月限終値:25.32 ↑5.01)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は、前営業日比+5.01ドルの1バレル=25.32ドルで取引を終えた。取引レンジは20.76ドル−27.39ドル。サウジアラビアとロシアは減産を検討するとの思惑や、中国政府は石油備蓄の増強に向けて購入を開始しているとの一部観測を背景に短期筋などからまとまった規模の買いが入った。2日のアジア市場から買いが優勢となり、ニューヨーク市場の午前中に27ドル台前半まで急騰する場面があった。《CS》

広告

財経アクセスランキング