国際 RSS

 

米カリフォルニア州、大気汚染でブドウなどの作物収量減少か

2020年3月24日 17:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 カリフォルニア州で、大気汚染が農作物に影響を与えているという話が出ている。大気汚染が原因で10億ドルもの損害が出ているという調査結果も発表された(Nature ResearchThe VergeSlashdot)。

 カリフォルニア大学アーバイン校の研究者らによると、地表近くのオゾン濃度がブドウやイチゴ、クルミ、桃、ネクタリンといった農作物の収量に大きく影響することが分かったという。この影響は、収穫量の2~22%にも及ぶそうだ。さらに、オゾン濃度が低下すると収量が増えることも分かったという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス | ニュース | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
欧州、ディーゼル車の減少で二酸化炭素排出量が3年連続増加 2020年03月10日
新型コロナウイルスの影響で中国の大気汚染問題が大幅に改善 2020年03月04日
大気汚染がうつに関係しているという研究結果 2019年12月25日
2011年から2014年の間、電気料金上昇が原因で少なくとも1280人が亡くなっているという推計 2019年10月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。