ITコーディネータ協会で4,500万円横領事件

2020年3月17日 07:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NOBAX曰く、

 中小企業などでのITの利活用を支援するプロ集団「ITコーディネータ」の資格認定や研修をおこなうNPO法人ITコーディネータ協会で、従業員の横領が発覚したことをフライデーが報じています。

 同法人の協会トップの秘書兼経理担当だった女性が4,500万円を横領。その後この女性は自己破産したとのことで、横領した金の回収は見込めないようです。

 なお、同協会はこのことを公表しておらず、今後公表する予定も現時点ではないようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | IT | お金

 関連ストーリー:
欠陥のあるITシステムのせいで従業員に横領・窃盗疑惑がかけられた英国の事件、裁判所はシステムの不具合を認める 2019年12月19日
スマホゲーム課金のために会社の金を横領する事件に対し、そのゲームを禁止するという再発防止策 2019年04月09日
バンダイ社員、ガンダムの建造費を水増し発注し横領 2019年01月18日
法務局事務官、申請書に貼られた収入印紙を勝手に剥がして換金。被害総額は4億円以上 2017年09月21日
どんな資格がオススメ? 2011年06月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告