国際 RSS

 

マレーシアやタイ、コロナウイルス感染リスクのためクルーズ船の入港を拒否

2020年3月13日 07:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 現在、世界中で数百隻のクルーズ船が航行中だそうだが、マレーシアやタイは新型コロナウイルスの感染拡大を受けてこれらクルーズ船の入港を拒否したという(ブルームバーグ)。これらクルーズ船にコロナウイルス感染者がいる可能性を懸念しての対応だという。

 こういったクルーズ船における感染は世界的に懸念されており、たとえばUSA Todayの3月11日付け記事によると、今週米国の港に入港を予定しているクルーズ船は少なくとも30隻があり、これは10万人ほどの乗客が米国に向かっていることになるという。こうしたクルーズ船の活動は米国の沿岸地域の経済に密接に関わっており、これら米国の港では現時点では入港を拒否する方針はないようだが、今後の状況によっては港を閉める可能性もないとは言えないようだ。

 スラドのコメントを読む | 医療 | 交通

 関連ストーリー:
グランド・プリンセス号で新型コロナウイルスのアウトブレイク 2020年03月09日
新型コロナウイルス、検疫終了後の感染確認続々と 2020年02月23日
封鎖都市、武漢の様子 2020年03月12日
COVID-19感染が拡大している大型客船内の様子がレポートされる 2020年02月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードタイ(国)マレーシア新型コロナウイルス