安寄り後は反転か、/日経225・本日の想定レンジ

2020年2月27日 07:53

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:53JST 安寄り後は反転か、
[本日の想定レンジ]26日は米NYダウが123.77ドル安の26957.59、ナスダック総合指数が15.16pt高の8980.78、シカゴ日経225先物は大阪日中比125円安の22205円。本日の日経平均は下げてスタートした後は昨日後場の下げ渋り地合いを引き継ぐ形で反転に向かおう。昨日はローソク足が長い下ヒゲを伴う陽線を引き、下値での買い需要を確認する形となった。東証1部の騰落レシオ(RSI)が70%割れの売られ過ぎゾーンまで低下したこともあり、短期的なリバウンドが発生しやすくなっている。ただ、25日線や13週線、日足一目均衡表の基準線など主な方向性指標は軒並み下向きのため大勢では下落基調にあるとみられ、株価が反発しても上値は限られよう。ボリンジャーバンドでは、各バンドの間隔が急拡大しており、日中の値幅が大きくなりやすい点に留意したい。

[予想レンジ]上限22550円−下限22150円《YN》

広告