国際 RSS

 

ニューヨーク市の亀問題、捨てられたペットが公園に定住

2020年2月26日 17:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 捨てられたペットが野生化するという問題は日本でも度々聞かれるが、ニューヨーク市でも捨てられた亀が公園に定住し繁殖、問題となっているという(National Geographic)。

 ニューヨーク市のとある公園では、公園内の池に百匹近い亀が確認されているという。これらはミシシッピアカミミガメ(red-eared slider)という種類の亀で、米国ではペットとしてポピュラーなものなのだそうだ。ニューヨーク市の条例ではペットを公園などに放つことを禁止しており、24時間体制での見回りなども行われているという。しかし、それでもこういった行為は減らないようだ。

 米国において1975年に制定された規制では、ミシシッピアカミミガメのペットショップでの販売は制限されている。しかし、ニューヨーク市の路上やネットではペット向けとしての違法な販売が未だに続いているそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
絶滅の恐れのあるコツメカワウソ、売買や譲渡時に登録が必須に 2019年12月02日
米疾病予防センター、ペットの亀にキスしたり頬ずりしたりしないよう注意喚起 2019年10月14日
米Amazon、従業員が飼うペットに対する福利厚生が最も手厚い米企業に選ばれる 2019年06月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードニューヨーク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース