ミッソーニ、2020年秋冬ウィメンズコレクション発表

2020年2月26日 09:17

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ミッソーニ(Missoni)の2020年秋冬ウィメンズコレクションが、2020年2月22日(土)、イタリア・ミラノで発表された。メンズとの合同ショー形式である。

■次元の本質を捉えた小説からインスピレーション

 今シーズン、ミッソーニのインスピレーション源になったのはエドウィン・アボット・アボットによる1884年の小説『フラットランド たくさんの次元のものがたり』。二次元=平面世界に住む「正方形」を主人公にした不思議なストーリーで、次元の本質を捉えた歴史的な名作である。

■幾何学模様を巧みに駆使

 ミッソーニの最新コレクションは、この物語から連想される幾何学模様に溢れている。ファーストルックは主役の「正方形」を彷彿とさせるスクエア柄のガウンコートから。ジクザク模様をパッチワーク風に張り合わせたようなワイドパンツやストライプ地のオールインワンなどが、コレクションをグラフィカルに彩る。

これほどまでに多くの模様が混在しながらも1つのコレクションとして纏まりを感じさせるのは、これまでもジオメトリックなパターンを駆使してきたミッソーニだからこそ成せる技だろう。

 ブランドのシグネチャーであるニットは、ボディラインにゆるやかに寄り添うロンパースや、深いスリット入ったセンシュアルなキャミソールドレス、生地をたっぷりと使ったガウンコートなど。モダンな幾何学模様を主役としたコレクションを、編み地だからこそ表現できる柔らかなムードで、ミッソーニらしいクリエーションに昇華している。

■ミステリアスなカラーパレット

 カラーリングは、ブラウンやネイビーなどのダークトーンに、鮮烈なレッドやブルー、パープルなどを織り混ぜて。不可思議な物語の中に迷い込んだかのような、ミステリアスなムードを作り出している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミッソーニ(Missoni)ミラノ2020年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース