東京為替:ドル・円は変わらず、週明け以降は円売り継続との見方も

2020年2月21日 14:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:10JST 東京為替:ドル・円は変わらず、週明け以降は円売り継続との見方も

21日午後の東京市場でドル・円は112円付近と、変わらずの値動き。日本での新型コロナウイルスの感染拡大で、先行きの経済への影響を懸念した円売りは一服。ただ、ある短期筋は「週末に感染者や死者が増えれば懸念が強まる」とし、3連休明け後も円売りが続く可能性を指摘する。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円93銭から112円17銭、ユーロ・円は120円78銭から121円03銭、ユーロ・ドルは1.0785ドルから1.0792ドル。《TY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース